自分でできる花粉症対策

鼻をかんでいる女性

花粉症は一度発症してしまった人にとって耐え難い苦痛となります。
外を少し歩いただけでも涙が止まらない、毎日ティッシュを何十枚も使わなくてはならないということになると、日々の生活すらままならなくなるでしょう。
しかし花粉症は多くの人を悩ませている症状だからこそ、さまざまな対策法が打ち出されるようになっているのです。

では自分でできる花粉症対策にはどういったものがあるのかというと、まず行えるのが服装を整えることです。
花粉が鼻や目についてしまうことで症状が起きるのですから、身体につかないように準備をしておけば症状はかなり抑えられます。
外出時にはメガネをかけたりマスクをつけるようにするということは当然重要ですし、またアウターはツルツルとした表面の素材を選ぶようにすると花粉が身体に付きづらくなります。
外出時にそうした対策をしたのであれば、次に行うべきことは家の中に持ち込まないことです。
服はしっかり玄関で払い落すようにし、洗顔やうがいをして肌についた分や口の中に入った分を落とすようにしなくてはなりません。
こうしたことをするだけでも症状はかなり楽になりますが、より効果的な対策をしたいということであれば、外出時間を限定することも有効です。

例えば、花粉の飛散が最も増えるのは午後1時から午後3時の間です。
地域によっても差がありますが、これくらいの時間は屋外に出ると花粉が盛んに飛び交っていますから、それだけ症状が出るリスクも高くなってしまうのです。
もちろん仕事をしている場合などは時間を選べないことが多いのですが、もし可能であればこうした時間はなるべく避けるようにすると良いでしょう。
最も効果的なのは病院を受診して薬をもらうことですが、症状がまだ軽いのであればこうした自分でできることで対策をしていくのも有効です。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索